×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Cielo Estrellado Report

神奈川臨海鉄道浮島線

臨海を駆ける蒼い機影

2006年3月27日 調査


まえがき

「神奈川臨海鉄道浮島線」、いや、「神奈川臨海鉄道」という名を知る人は少ないだろう。

私も神奈川臨海鉄道が走る地域の近辺に住んではいたが、全く知らなかった。

つい最近、某サイトで掲載されていたのを発見。気になったので、実際に調査してみた。

おにぎりを二つだけ持って、初めての鉄道調査…

前途多難に見える。普通に見ても。

 

始めに出会ったのは、この踏切である。

今は使われておらず、風景の一部となっているのかと思いきや、

神奈川臨海鉄道水江線(みずえせん)の踏切なのだそうだ。

情報によれば、非常に稀だが列車が通るとか。

正直、こんな踏切は見た事が無い。

CAUTION」などと書いてある踏切は、

もはや歴史を象徴するものとなっている。

 

 

川崎市川崎区 夜光町 神奈川臨海鉄道 水江線踏切にて

 

やがて右手に「浮島」の看板が見えてくる。

集めた情報をまとめておいたメモ帳を手にさらに南下すると、

「キグナス石油専用線」と記載されていた場所を発見。

 

川崎市川崎区 浮島町 キグナス石油専用線入り口にて

 

 

浮島町に入って数分。

キグナス石油専用線の先には、

末広町(すえひろちょう)という割と大きな駅があるそうだ。

その途中、浮島橋という橋から撮った写真。

写っている運河は「多摩運河」という名称だそうだ。反対側は多摩川だった。

 

川崎市川崎区 浮島町 多摩運河にかかる浮島橋にて

 

 

その先にやってきたのが末広町駅。

川崎市の貨物(後に知りましたが、川崎市宮前区のからの生活廃棄物運搬列車である「クリーンかわさき号」のコンテナであった)がかなり積み上げられていた。

看板の前にある「停車場中心」という標柱がお眼に入るだろうか。

 

カメラの不具合で、写真上部が青い…orz

 

川崎市川崎区 浮島町 末広町駅にて

 

末広町駅を出てすぐ、東燃の専用線入り口が。

右に曲がるカーブを目で追いかけてみると、

それは工場の中へ伸びていった。

鉄道門左側のそばにある標柱には、

「半径130メートル」を表す文字が書かれていた。

 

川崎市川崎区 浮島町 東燃専用線入り口にて

 

工場構内まで丁寧な踏切が。

「茶色の通路をお通りください」…だそうです。

 

上記場所と同。

 

さらに南下。

気付けばもう昼時だったので、おにぎりを頂く。「お、梅か。」なんて言いながら南下していると、浮島町(うきしまちょう)なる駅標が見えてきた。

といってもそこは単なる分岐点で、

駅標がなければただの分岐だと思ったくらいだ。

 

川崎市川崎区 浮島町 浮島町駅にて

 

 

浮島町駅の分岐点を直進し更に南下。

しばらく行くと、線路上に止まっている青いトラックを発見。工事をしているようだ。

何をしているのか気になったので線路を覗いたところ、これを発見した、という次第。

「本線終点 4K052」と記されている。

 

だが、この様なトワイライトな線は謎が多い。

終点とあってもその先まで線路が続いていたりと…現に、ここもそうだった。

終点後も延びる線路に沿って先に進む。

 

川崎市川崎区 浮島町 浮島線終点にて

 

 

一瞬、「何だコイツは!?」と思う光景を見る。

見た事も無い踏切標識…錆付いてはいる「とまれみよ」との文字がうかがえた。しかし、とまるものなど誰もいないのだ。

終点の先なので本格的な踏み切りは必要ない、との事での簡易式か。

 

役目を剥奪されたこの踏切は、浮島に何を語っているのだろう。

この踏切は、浮島の過去を語る証人である。

 

川崎市川崎区 浮島町にて

 

 

必要が無いからとはいえ、この仕打ちは鉄道ファンには悲痛だろう。

この標識は、咲き誇るたんぽぽを羨ましそうに見ているに違いない。

 

「たんぽぽや 眠る踏切 かたわらに」

 

川崎市川崎区 浮島町にて

 

 

例の踏切からしばらく歩くと、車止めが見えた。

ここが、本当の終点。

この辺りのレールは錆付いてチョコ色をしているため、列車は長い間来ていないようだ。

終点からここまで、約220メートル程だった。

 

昔はこの先まで線路が続いていたのでは…などと思い、車止めの更に奥も探してみたが、レールが撤去されたような跡はなかった。

 

 

川崎市川崎区 浮島町にて

 

 

さて、今度は北上して浮島町駅まで戻る。

分岐を西へと向かう。

この辺りは「かなりん」の撮影スポットとして有名。と同時に工業地帯で、薬品のにおいが鼻をつくため、長時間いるのはきつい。

 

歩道が無いところに大型のトラックがかなりのスピードで通過していく。危険すぎです。

 

そこで見えたのは、タキの群れであった。

JOTの専用小ヤードのようだ。

「かなりん」の列車も、ここで貨物の入れ替えなどを行っているらしい。

 

川崎市川崎区 浮島町 JOTターミナルにて

 

 

 

JOTのスイッチャー(入れ替え専用の小型機)。

なんだか可愛らしい。

 

川崎市川崎区 浮島町 JOTターミナルにて

 

 

そのまま西に進むと、日本触媒という工場の専用線が見えた。

工場の入り口の踏切から奥を臨んでみると、どうやらこの辺で終点らしい事が分かった。

 

川崎市川崎区 浮島町 日本触媒専用線にて

 

 

旅もひと段落し、そろそろ「かなりん」のDD55が入れ替えにやってくる時間。という訳で先程のJOTターミナルまで引き返そうとした瞬間、

勇ましい警笛音を耳にする。

音量的に、それほど遠くはない!

急いでターミナルに駆けていったが、すでにその姿は消えていた。

50分の忍耐が…」

これだけの為に50分待ったが…

次に会えるのは50分後。

「長い」、ただそれだけだった。

 

暇つぶしに、ターミナルの転てつ機(ポイント切替え装置)と寄り添うノゲシを撮ってみた。

川崎市川崎区 浮島町 JOTターミナルにて

 

 

しょうがなくDD55を諦め、今度は同臨海鉄道千鳥線を見に行く事にし、引き帰した。

残ったおにぎりを食しながら、ひたすら歩く。

 

途中でゴミ袋を持って自転車に乗った、「かなりん」の職員の方が後ろから通り過ぎる。なぜゴミ袋?と思った瞬間だった。

 

すると、例の汽笛が響いてきた。

それは、少し先の東燃専用線からだった。慌てて駆け出して、そこの鉄道門で待っていると…

 

来た!念願のDD55が!

鳴る事の無かった踏切も、

嬉しそうに音を響かせた。

川崎市川崎区 浮島町 東燃専用線入り口にて

 

 

「もう二度となることも無いのか?」と思っていた踏切が、DD55の通過と共に鳴っている!そう、

赤いランプを煌々と灯しながら。

古びた警報音が、心を揺さぶった。

 

ふとDD55に目をやると、ゴミ袋を持った先程の職員方がDD55の横にいた。

何をするかと思いきや、職員の方々はゴミ袋を持って、DD55のデッキに乗り込んでいった。

 

川崎市川崎区 浮島町 東燃専用線入り口にて

 

 

列車はやがて発車し、川崎貨物ターミナルに向け走り去っていった。

私は、このショットを撮るためにここを歩き、ここで念願のショットをした。満足だった。

 

私は久し振りに長距離を歩いた為、既に足の土踏まず辺りに肉刺を作っていた(矛盾する気もするが、確か土踏まず辺りだった)。

その足を無理矢理動かして、今度は同鉄道の千鳥線へと向かう。

 

その帰りに、もう1ショット。

もう満足です。2回も撮れたら…でも逆光だ。

 

川崎市川崎区 浮島町 東燃専用線入り口にて

 

 

あとがき

人生初の自己調査&レポートは、某サイトに即発されてのものとなった。

足に血肉刺を作りながらも自らの脚で歩き、自らの目で確かめた甲斐はあった。

今回は、神奈川臨海鉄道浮島線の現状を見ることが出来、非常に嬉しい。

 

この後、私は神奈川臨海鉄道千鳥線へと向かう。

千鳥線のレポートもお楽しみあれ。


トップに戻る

レポート集もくじに戻る


Copyright © 2005, 2007 Yukihuri Hoshimi All Rights Reserved.

Cielo Estrellado

 

画像の無断転載・無断使用を禁ず