×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPReportSpecial ReportAbout This SiteAbout My SelfMoviesGalleryBlogNovelsLinksExtra Contents

Cielo Estrellado's Reports
国鉄手宮線 Part1
北海道最古の鉄道は、小樽人に今も大切にされて眠っていた
2009年8月10日 調査、2008年10月05日 執筆


> Top > 特集レポート > 第1回遠征(北海道・北東北遠征)レポート > 国鉄手宮線
> Top > 廃線・専用線レポート > 国鉄手宮線

----
まえがき

1880年11月28日、北海道で初めての鉄道が開通した。後の手宮線を含む、手宮〜開運町(初代小樽駅:現在の南小樽駅)〜札幌の区間である。
恐らくは、多くの人が、この手宮線が北海道初の鉄道であることを知らないであろう。

1880年の開業から1985年の廃止まで、旅客営業の休止と再開を繰り返しながら、1世紀弱もの間働き続けた手宮線。
だが、特筆すべきは「北海道初の鉄道」という栄誉と1世紀に亘る歴史だけではない。

なんとこの手宮線は、廃止時点の面影をほぼ完全に残しきっているのである。
細かい部分は撤去が行われているが、大部分は廃線跡が残っており、観光地化している状態でもある。
小樽の人々は、この廃線を撤去せずに、かの小樽の地に留め続けているのだ。その事実が、私の胸を打つ。

私はこの感動に強く打たれながら、6歳の頃に父と旅した思い出の地、小樽の土を踏みしめる。


◆手宮線概略

手宮線は、もともと1880年に開通した「官営幌内鉄道」の一部として開通した区間である。
開通当初の駅は手宮、開運町(現在の南小樽)、朝里、銭函、軽川(現在の手稲駅)、琴似、札幌であった。
手宮〜南小樽が「手宮線」となったのは、官営幌内鉄道国有後の1909年10月12日のことだ。

手宮線の歴史は下記の年表をご覧頂きたい。

◇西暦/年号/月/日◇概略◇内容
1880年(明治13年)11月28日手宮線の起源手宮線の前身、「官営幌内鉄道」が手宮〜開運町(現在の南小樽)〜札幌を開通。
1906年(明治39年)10月1日国有化

1889年末に北海道炭鉱鉄道に譲渡された後、当鉄道ごと国有化される。

1909年(明治42年)10月12日「手宮線」に

手宮〜小樽(現在の南小樽※註1)が「手宮線」として指定される。

※註1 - 1881年(明治14年)5月22日に「開運町」から「住吉」に、1900年(明治33年)6月11日に「住吉」から「小樽」(初代)に改名。

1912年(大正元年)8月6日慌しい途中駅の開業

手宮〜小樽(初代)間に「色内仮停車場」を新設※註2

※註2 - この後2度休止され3度再開されている。この間駅への格上げもあったが、休止され、復活の際には仮乗降場に格下げされての復活となった。

1920年(大正9年)7月15日廃止時の形が完成小樽駅(初代)を南小樽駅に改称。
1962年(昭和37年)5月14日旅客営業廃止

旅客営業を廃止※註3。その後廃止まで復活することはなかった。

※註3 - 過去に2回旅客営業の休止があり、いずれも後に復活していた。

1962年(昭和37年)5月15日手宮線の斜陽色内仮乗降場廃止。
1985年(昭和60年)11月5日105年の歴史に幕手宮線、全線廃止。

0.思い出の地、再び2009年8月10日 札幌駅 -> 南小樽駅
函館本線沿線には美しい海岸線が広がっている。

12:05

前日、室蘭本線旧線(栗丘〜栗山)を辿るために峠を徒歩でひとつ越え、その夜に小樽運河へと赴いた上、ホテルでの就寝が日付変更後だったため、疲れが溜まっていたためか寝坊した。
ケータイはマナーモードのままでアラームが鳴らなかった模様。痛恨の出遅れである。

起床時間は忘れたが、札幌を出たのは土産物と食料を購入してからだった。
写真は銭函〜朝里〜小樽築港の区間だ。

函館本線 銭函〜朝里〜小樽築港にて
南小樽駅に到着

12:16

快速エアポート111号(3873M)で南小樽駅に降り立ったのは、12時16分のことだった。

函館本線 南小樽駅にて
 
琺瑯看板式の駅名標某有名おやつやきそばを手に
南小樽駅の琺瑯駅名標。
琺瑯を用いた駅名標はかなり減ったが、北海道では当たり前のように存在する。
この日の昼食は、某番組で紹介されたおやつ焼きそば。同行の友人は15個もまとめ買いし店員さんに苦笑されていた。琺瑯看板には温かみがある。
1.調査開始 - まずは始発駅から2009年8月10日 南小樽駅構内
南小樽駅構内

【地図を表示】
※クリックすると、写真に対応する地図の位置をすべて表示します。(試行中)

早速、手宮線の上り側終端である南小樽駅構内を臨む。
写真は小樽築港・札幌側の様子だが、左側にスペースがある。手宮線跡地だ。

函館本線 南小樽駅にて
手宮線の橋梁、旧・於古発川橋りょう。

廃線側に手宮線のものだった鉄橋があった。
その場で手宮線の橋梁という推測を立てたが、実際、道中に鉄橋の欠けている部分がひとつ存在した。

橋梁に書かれた基本データを確認したところ、この橋梁は「於古発川橋りょう」という名前のようで、起点から905mの地点に架かっていたようだ。
帰宅後に机上調査を行ったところ、手宮線は於古発川(おこばがわ)という川を横切っており、その地点も南小樽駅から900〜1,000mほどの地点だった。

旧・於古発川橋りょう:函館本線 南小樽駅にて
南小樽駅の旧・手宮線ホーム

更にその橋梁の奥を見ると、このような空間があった。
資材の奥にホームと思しき構造物があるのがお分かり頂けるだろうか。

旧・手宮線ホームか:函館本線 南小樽駅にて
跨線橋から小樽・余市方面を臨む

跨線橋から小樽・余市方面を臨む。
右側に空間があり、途中から線路がある。これが手宮線だ。

ちなみにこの線路は、踏切の奥へも続いている。

函館本線 南小樽駅にて
2.調査開始 - 思い出の国の廃線歩き2009年8月10日 南小樽駅より徒歩で色内・手宮方面へ
南小樽駅 駅舎

12:38

南小樽駅を出て駅舎を眺める。
前日小樽駅を見てきただけあり、ちんまりとした駅に見えた。

時刻は12時半を回ってしまった。いよいよ、徒歩調査を開始する。

南小樽駅駅舎:函館本線 南小樽駅にて
曙町通り踏切

南小樽駅を出て最初の踏切、曙町通り踏切から南小樽駅を臨む。
線路は南小樽駅直前で剥がされたことが分かる。

函館本線 曙町通り踏切(南小樽〜小樽)にて
731系

小樽方面から731系の区間快速(3433M)がやって来た。

函館本線 曙町通り踏切(南小樽〜小樽)にて

12:48

南小樽駅から小樽駅方面に150mほど進んだところに、次は鉄橋がある。

函館本線沿線(南小樽〜小樽)にて
相生町踏切付近

函館本線の標高が高くなり、沿線から廃線を確認することはできないと判断。
一旦線路沿いを離れ、一本北東側を走る通りに抜ける。

南小樽駅から450mのところに、二つ目の踏切「相生町踏切」がある。
この写真は踏切から若干離れた所から撮影したものであるが、手宮線跡はすっかり草生していて、下に残っているはずの線路は姿形も見えない。しかも現行線の軌道すら隠れてしまっている。

相生町踏切付近:函館本線 南小樽〜小樽にて
相生町踏切から南小樽方面を臨む。美しい直線と斜面だ。

12:58

相生町踏切から南小樽方面を臨む。
南小樽方面は美しい下り直線区間となっており、眼下には南小樽駅構内を臨むこともできる。

右が下り線(小樽方面)、中央が上り線(札幌方面)の現行線。左側には草生したスペースがあり、架線もそこまで確保されている。そのスペースにあるのが手宮線だ。

相生町踏切:函館本線 南小樽〜小樽にて
相生町踏切から小樽方面を臨む

相生町踏切から小樽方面を臨む。
手宮線は進行方向右側にある。

相生町踏切:函館本線 南小樽〜小樽にて
花園橋から函館本線・手宮線分岐付近を俯瞰

またも一旦函館本線の沿線から外れて、一本外れた道に入る。
この辺りは起伏が激しく、いきなり歩き応えのある道が続いた。

相生町踏切から小樽方面に更に260mほどの位置に、今度は函館本線を横切る「花園橋」がある。
下を走る函館本線からはそこそこの高さがあり、心地よい俯瞰風景が広がっている。

写真は南小樽方面を俯瞰したもの。
本線は徐々にコンクリートの建造物の上に乗って斜面を登ってくるが、その下に一段低いスペースがあるのが分かるだろうか。
このスペースが手宮線で、標高差から推測するに、本線との分岐はこの写真の奥のカーブの先にあったのだろう。

花園橋:函館本線(南小樽〜小樽)にて
花園橋からの俯瞰風景。手宮線が本線から離れるのが分かる。

今度は小樽方面を俯瞰する。
本線は小樽駅に向けて一度西側へカーブする。
対して手宮線はそのまま北側へと直進していくのが分かる。

花園橋:函館本線(南小樽〜小樽)にて
水天宮の大燈籠と大鳥居

花園橋の東詰めには、大燈籠と石造りの鳥居が佇んでいた。
街中には若干不釣り合いの景色だが、胸が躍る。

どうやら、写真奥にある丘の上の水天宮の鳥居だそうだ。
大燈籠は左右一対になっていて、それぞれ「日月斉光」、「天壌無窮」と彫られている。

水天宮の大燈籠・大鳥居:函館本線沿線(南小樽〜小樽)にて

さて、この水天宮の付近から、丘を下って手宮線沿線に下ることにする。

写真は花園橋から手宮方面に100mのところから撮影。
奥に高架上を走る本線がある。手前の草むらは手宮線だ。

手宮線脇:小樽市山田町4

この草むらの中に、手宮線の錆色の軌道を発見した。
この区間の軌道は剥がされてしまったかと気がかりだったが、草に埋もれつつも健在だった。

手宮線脇:小樽市山田町4
於古発川(おこばがわ)橋りょう跡

13:17

手宮線跡は明らかに草生しており、とても歩ける状況ではないと判断。再び沿線を離れる。

手宮方面に約200m進んだところで、橋梁の跡に出くわした。
ここで軌道以外で初めての本格的な遺構に、図らずも気分は高揚する。

帰宅後の机上調査で判明したが、ここが「於古発川橋りょう」跡らしい。
つまり、南小樽駅構内に放置されていた橋梁は、かつてここに架かっていた、ということだ。距離も南小樽から900mほどのところだ。
また、道中は「結局川が見つからなかった」と思っていたが、写真では道路となっているこの下に「於古発川」が伏流しているようだ。

写真手前側が南小樽側の橋台、写真奥側が手宮側の橋台。

於古発川橋りょう跡:小樽市山田町4
於古発川橋りょう 手宮側橋台

於古発川橋りょう跡の手宮側橋台。
レンガ造りの橋台は両端ともに完璧に残されていた。

於古発川橋りょう 手宮側橋台
手宮線は散策路になっていた

跡地は大切に保存されていると聞いていたが、散策路となっていることまでは知らなかった。
路盤上に上がることができるらしいので、案内板にしたがって廃線跡へと上がる。

於古発川橋りょう 南小樽側橋台

於古発川橋りょう跡の手宮側橋台から南小樽側橋台を臨む。

於古発川橋りょう 南小樽側橋台

旧手宮線散策路

案内にエスコートされて路盤上に上れば、そこには錆色の二条一対の軌道が、果てしなく直線を描いていた。

国鉄手宮線。――その路線がいかにして小樽の人々に大切にされ、静かに眠っているかを、私はこの後目撃することになる。

国鉄手宮線 Part2に続きます

ついに完全なる錆色の二条一対の軌道を見せた国鉄手宮線。
視界の奥まで伸びていくその鉄路の真の魅力を、私はこれから更に思い知ることとなる。

本格的な廃線跡歩きは、次回の「国鉄手宮線 Part2」にて。公開に乞うご期待。


This report was written 10/5 2008.
Last modifying is 10/5 2008.

reason for modifying : To upload. (First Modifying)

トップに戻る
レポート集の目次に戻る
特集レポートの目次に戻る