×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPReportSpecial ReportAbout This SiteMoviesGalleryBlogNovelsBBSLinksExtra ContentsDiary

Cielo Estrellado's Reports
神奈川臨海鉄道千鳥線 Part4
埠頭に眠りしDD51、埠頭に潰えし千鳥東線!?
2010年1月3日 調査、2010年1月9日 執筆


> Top > 廃線・専用線レポート > 神奈川臨海鉄道千鳥線 > Part4

----
まえがき

2010年最初のレポートは、1月3日に最々々々訪問(!?)した川崎区千鳥町の千鳥線のレポートである。
ホームページ上にレポートのない探訪を含んで第5回目の千鳥町探訪。この街には私をひきつける性質があるらしい。

前日に友人のマンジャロ2号氏から「千鳥線に行きたい」というお誘いを受け、5度目の出撃を決意した。
京急川崎で集合、京急蒲田を経て穴守稲荷を参詣の後、千鳥町に引き返して調査、という計画に相成った。

ところで、千鳥線といえば「廃線」ではなく「専用線」のレポートとして、当サイトではお馴染みであるが、
図らずもその「専用線」レポートとして書くはずだったものが、ちょっとだけ「廃線」レポートになってしまったのだ!

三が日早々訪れた千鳥町では、私の知らぬ間にまさかまさかの「ふたつの出来事」が発生していた……!


0.調査前でもぶらり旅2010年1月3日 最寄 -> 八丁畷駅 -> 京急川崎駅 -> 京急蒲田駅 -> 穴守稲荷駅 -> 穴守稲荷
箱根駅伝により生じた行き先変更。北総車の「急行 川崎」(京急川崎)行き。

【地図を表示】
※クリックすると別窓・別タブで地図を表示します。
レポートをご覧になる際に併せて表示していただくと、各写真の詳細な位置が分かります。

12:15

この日1月3日は、箱根駅伝往路の走者が京急蒲田駅の踏切を通過するということで、毎年恒例の行き先変更が行われていた。が、そんなことをすっかり忘れていた私は、何事も無く京急川崎へと到着した。

すると、同業者がやたらに多い。違和感を覚えつつ集合時刻までしばらく撮影をしていたが、結局その原因が行き先変更だと気付いたのは、京急川崎を発った後であった。

この写真は行き先変更の産物、北総車の「急行 川崎」行きであるが、当然この時「行き先変更」の文字列は頭に無く、「乗り入れか、いつぶりだろう」と、「電車待ちのついでに撮る」だけで終わってしまった。

京急本線 京急川崎駅にて
これも行き先変更の産物か? 単独の「特急 羽田空港」行き。

北総車を撮った際に待っていたのは特急羽田空港行き。
しかしながら、普段なら京急川崎駅で分割を行うはずの快特の後ろ寄り車両の方向幕は「快特 品川」となっている。これに「行き先変更で羽田空港行きは品川行きに変更になったのか!?」と血迷った私は慌てて乗車。当然羽田空港行きは、単独で一本後にやってきた。

京急蒲田で、手違いで先行して頂いてしまったマンジャロ2号氏と合流。穴守稲荷に向かう列車待ちの際にも、1番ホームに多数の同業者を発見。相変わらず理由が分からなかったが、ここでマンジャロ2号氏に言われて、ようやく行き先変更を思い出したのであった。
ここで、京急川崎や六郷土手に多数いた同業者の理由も分かった。
しかしながら、行き先変更はこれほどの祭りになるほどの価値があったのか……

京急本線 京急川崎駅にて
多分この写真も行き先変更の産物。「快特 品川」行きは撮り損ねましたっ^^;
穴守稲荷でのひとコマ

12:45

穴守稲荷に到着。初詣は川崎大師で済ませていたのだが、こちらにも参詣。「二の詣」とでも呼称しようか。

穴守稲荷は、ひとことでは言い表せない雰囲気を纏っていた。
超簡単に表現するならば、「私はこの雰囲気が大好き」

ここでトラブル発生。一眼レフの電池切れである。
穴守稲荷の写真を少しも撮っていないうちの出来事で、私はがっくりしてしまった。

穴守稲荷の写真は数が少なくなってしまった上に、本レポートの趣旨から外れてしまうので割愛する。

穴守稲荷にて
1.千鳥町の衝撃2010年1月3日 移動:穴守稲荷 -> 穴守稲荷駅 -> 京急蒲田駅 -> 京急川崎駅 -> 小島新田駅 -> 調査

13:34 (京急川崎駅)

穴守稲荷に参詣した後、一路千鳥線最寄の小島新田を目指す。
それにしても行き先変更を撮らずして、1月3日から工場しかない千鳥町なんぞに行くとは、同業者に笑われてしまうな。

京急大師線 京急川崎駅にて
千鳥橋で立ち止まる

14:08 夜光踏切を通過、14:20 千鳥町に入る。
時刻表の貨物列車まで時間があるので、以前から再調査するつもりだった千鳥東線に向かう。

千鳥橋:川崎区千鳥町にて
千鳥町踏切

千鳥町踏切。千鳥線と、その支線の千鳥東線の分岐点でもある。
写真は川崎貨物ターミナル方。今回のレポートは、この右側の線路「千鳥東線」をお送りする。

千鳥町踏切:千鳥線(川崎区千鳥町)
千鳥東線カーブ

少し南方に歩いて、また川崎貨物ターミナル方を振り返る。
あのカーブの先に、先ほどの千鳥町踏切がある。

ご覧の通り線路は錆色である。結論を言うと、既に使用されていない。

千鳥東線(川崎区千鳥町)にて
昭和電工の引込み線

14:27 (昭和電工専用踏切)

踏切の奥に、鉄道門のある引込み線があるのが見えるだろうか。
この引込み線が、千鳥東線最後の引込み線となっている。
かつてはこの引込み線までタキを送り込んでおり、そこで荷の積み下ろしをしていた。
現在この積み下ろしの設定はなくなっていて、故に、事実上最後の引込み線のために存在していた千鳥東線は休止状態となっている。

昭和電工専用線:千鳥東線(川崎区千鳥町)にて
引込み線の施設に接近してみる

更に引込み線に接近する。液体の注入施設があるのが見て取れる。
……ん? 右側に何か白い物体が見えるが……

昭和電工専用線:千鳥東線(川崎区千鳥町)にて
まさかの車止め出現

あーっ!!

く、車止め……!!
以前はもっと南にあったはずなのに、何故ここに……

千鳥東線、まさかの部分廃線

しかも車止めより後ろ、線路が剥がされているじゃないか!!

こ、これは、つまり……

千鳥東線、部分廃線!?

車止めにはその設置年月日と思しき日付が記されていた

しばらく千鳥町を訪ねていなかった間の出来事。
「いつこんなになったんだよー」と慌てる私に、マンジャロ2号氏は車止めの袂を見るように言った。
その通りに見れば、そこには「H20.5.1」の文字があった。
恐らく、車止めを移設した時期に違いないと、ふたりとも判断した。

帰宅後に改めて調査を行ったところ、この日づけで千鳥東線の終点は移設されていたことが判明した。

これが、途中まではいつも通りに「専用線レポート」だったものが、
図らずも「廃線レポート」に突入してしまった当レポートの元凶である。

千鳥東線終点:千鳥東線(川崎区千鳥町)にて
東線最後になってしまった踏切。とはいえ、彼には線路は残っているものの、事実上廃線区間である。

なー、君、ついに東線最後の踏切になっちゃったよー。
分かってるのかなあ。

昭和電工体育館踏切:千鳥東線(川崎区千鳥町)にて
なー、君、空が青いよ

なー、君、空が青いよ。

昭和電工体育館踏切:千鳥東線(川崎区千鳥町)にて
2.驚愕の部分廃線区間を逝く2010年1月3日 移動:千鳥東線終点 -> 千鳥東線部分廃線区間(旧終点まで)
それぞれの踏切には、個々の名を示すプレートが新設されていた

14:33

部分廃線に対しては、残念というより驚愕の念のほうが大きかった。
だって、現役時代から千鳥東線の部分廃線区間は殆ど機能してなかったもん。

とはいえなんとなく名残惜しい気はしたが、とにかく時間が無いので前進することにした。

写真は車止めのすぐ隣にある「昭和電工体育館踏切」を示すプレート。
初めて千鳥東線に訪れたときは、どの踏切にもこんなプレートは無く、個々の名前は分からなかった。
また、今まで通称として「千鳥東線」の名を用いてきたが、このプレートを見る限り、その名は通称ではなく正式名称らしい。

さて、写真にはなにやら巨大な物体が映っているが、これはなんだろうか……
部分廃線前は当然無かったので、どんな役目のものか見当もつかない。

昭和電工体育館踏切:千鳥東線(川崎区千鳥町)にて
部分廃線区間を一望する

少し踏切から引いて、部分廃線区間を眺めてみる。
廃線敷には例の不可解な巨大物体が置かれていて、その先は線路以外は何の変哲も無く続いている。

昭和電工体育館踏切:千鳥東線(川崎区千鳥町)にて
不可解な物体の正体

例の物体に近寄って側面を見てみると、
蒸気復水貯留中 高温注意 と貼り紙がされていた。

温泉に入った日本男子のイラストがあるが、何か温かいのだろうか。
何より、蒸気を水にしたものを貯留しているのは理解できたが、何のシステムだ?

ごめんなさい、この写真使い回しです>< 本当はもう少し後で撮った同じものを使ってます。だからこの写真はまた後で出てきます;

千鳥東線 部分廃線区間(川崎区千鳥町)にて
日石化学水揚場踏切

ひとつ南に進むと、「日石化学水揚場踏切」がある。
写真は川崎貨物ターミナル方を向いていて、奥に見える物体が例の貯留用(?)ボックスだ。

それにしても「水揚場」とは、何を水揚げしているのだろうか。
考えられるのは、この千鳥町という人工島の東側にある「大師運河」から、海運で何かを揚げるということくらいだろう。

日石化学水揚場踏切:千鳥東線 部分廃線区間(川崎区千鳥町)にて

南(かつての終点方面)に向き直る。
バラストだけが残されているが、スペース的にもここに線路があったことは想像に難くない。

それにしても、このパイプはいまいち記憶にない。
これもやはり、貯留用ボックス関係のパイプなのだろうか。

日石化学水揚場踏切:千鳥東線 部分廃線区間(川崎区千鳥町)にて
東燃石油化学第1踏切

日石化学水揚場踏切のひとつ先は、「東燃石油化学第1踏切」である。

どの踏切にもプレートが丁寧に立てられていたのですっかり忘れていたが、
これらの踏切を列車が通過することは、恐らくもう、ない。

東燃石油化学第1踏切:千鳥東線 部分廃線区間(川崎区千鳥町)にて
やたらに力の入っている千鳥町のオブジェ

そういえば、この千鳥町には他の人工島にはない沢山のオブジェがある。
以前「千鳥線 Part2」レポートでご紹介した「千鳥」「錨」、「水しぶき」、「灯台」などのオブジェを思い出していただきたい。物凄い力の入れ様である。
恐らくは、この千鳥町が川崎港の「陸の玄関口」の役割を果たしているためだろう。

これは東燃石油化学第1踏切の少し先にあるオブジェの一例だ。

千鳥東線 部分廃線区間(川崎区千鳥町)にて
例のあいつが見えてきた

線路沿いを歩き続けていると、また例のあいつが姿を現した。

千鳥東線 部分廃線区間(川崎区千鳥町)にて
そしてこの風呂である

そしてこの風呂である。

相変わらず何の装置だか皆目見当がつかなかったが、その正体が次の写真で明らかになる。

それにしてもこの日本男子の入浴のイラスト、この装置とミスマッチなのに何故か好き……(笑)

千鳥東線 部分廃線区間(川崎区千鳥町)にて
ボックスと配管の正体

蒸気配管運転中につき「ゆげ」がでています
(湯気!=蒸気!!=無害!!!111)

この貼り紙でようやくこの装置と見覚えのない配管の理由がはっきりした。
この配管は恐らく蒸気を送るためのもので、ボックスはその湯気を蒸留していたのだろう。

それにしても「(湯気!=蒸気!!=無害!!!)」の文言を見たときは思わず笑ってしまった。
工業地帯の装置から得体の知れないガスが漏れ出ていて、とっさに「あっ、やばい!!」と思ってしまう多分私のような人間に平静をもたらす救いのような存在であろうが、それにしてもこの文面は面白すぎる。
だって普通、こんな無骨なボックスに注意書きなんてなさそうなものじゃないか。
更にレポートを書いていて気付いたが、感嘆符がひとつずつ増えているところも遊びすぎだ(笑)。
他にも「高温」つながりで日本男子を温泉に入れさせてみせてしまうなど、JFEさんは拍手の対象である^^;

それにしても、この工事の施工主は、なんと「JFEエンジニアリング」だった。
JFEエンジニアリングといえば、かの「日本鋼管」を前身に持つ企業である。
更に日本鋼管と言えば、川崎・横浜の臨海部を次々と埋め立てて京浜工業地帯の基礎を築き、浅野駅の名の由来にもなった「浅野総一郎」氏がこの川崎区に設立した浅野財閥の大企業である。特に川崎区との縁は深く、JFEへと転身した今なお川崎区には「鋼管通」の名を持つ場所があったり、川崎区を走る「臨港バス」には「鋼管循環」という系統まであるほどだ。

……お喋り、というか熱弁が過ぎた。
どうも浅野総一郎氏や日本鋼管が出てくると、ついついアツくなってしまう。反省。

千鳥東線 部分廃線区間(川崎区千鳥町)にて
東燃石油化学第2踏切

後ろ髪をひかれるような気分で装置を後にすると、
次に待ち受けていたのは「東燃石油化学第2踏切」であった。

工場の中を撮る気はさらさらないのだが、看守さんに勘違いされるといけないので、死角にて撮影。

東燃石油化学第2踏切:千鳥東線 部分廃線区間(川崎区千鳥町)にて
千鳥ターミナル踏切

その次の踏切は「千鳥ターミナル踏切」である。何が「ターミナル」なのかは判然としない。
ここにあるフェンスにも、例の貼り紙がある。

これらの一連の装置、実はひょっとして……
「千鳥町温泉化計画」!?(意味不明

※作者がぶっ飛び始めましたが、あまり気にしないで下さいね……^^;

千鳥東線 部分廃線区間(川崎区千鳥町)にて
謎の装置の最大の目的は「エココンビナート構想」の実現にあった

そんなわけ無かった。(あたりまえ
その先2つの踏切を越えたところに、このような看板があった。

「エココンビナート構想の実現へ、蒸気を送る配管をつくっています」

やはり、配管は蒸気を送るためのものだった。
あまり知識が無いので憶測の域を出ないが、恐らく蒸気があれば水が精製できるし、タービンも回せるはずだ。そういった意味で“エコ”なのだろう。あの温泉装置や配管がこんな目的で設置されたとは。

千鳥町が、明らかに先駆的(と思しき)進化を始めている……

千鳥東線 部分廃線区間(川崎区千鳥町)にて
動輪のオブジェ

千鳥ターミナル踏切の先には、先述の通り2つの踏切がある。
北側から「日本油脂踏切」、「三菱商事踏切」である。
この2つに関してはプレートしか撮ってこなかったので割愛させていただく。m(_ _m)

三菱商事踏切を越えると、もう旧終点に近い。
その旧終点のそばに、動輪を模したと思しきオブジェが安置されていた。
出っ張りや穴は大分精巧に見えるが、当然本物を転用したわけではなかろう。

動輪のオブジェ:千鳥東線 部分廃線区間(川崎区千鳥町)にて
旧終点

14:47 (旧終点)

旧終点にたどり着いた。
そこが終点だったという痕跡は、バラストの敷かれている箇所がそこで途切れていること以外にない。

ここが終点だった時代の写真は、左の写真の上にポインタを乗せることで表示できる。

これにて千鳥東線の調査は終わりだが、レポートはまだ続く。

旧終点:千鳥東線 部分廃線区間(川崎区千鳥町)にて
3.埠頭の異端児、「流星のDD51」2010年1月3日 川崎市営埠頭(敷地外より)
ちどり公園の住人、猫のみなさま

14:55 (ちどり公園)

旧終点の更に南には、千鳥町の南にある人工島「東扇島」への自動車専用海底トンネルがある。
歩行者が東扇島へ向かうには、同じく旧終点より更に南にある「ちどり公園」という公園にある歩行者・自転車専用口から入る必要がある。

このちどり公園は、千鳥線本線の終点である「川崎市営埠頭」に隣接している。
私は本線の終点を少しだけ覗くつもりで、この公園を訪れた。

この公園、いつの間にか大量の猫の住処になっていた。
最初は一匹の猫を見て「あ、猫がいるよ」と思ったのだが、たった数メートル進むだけで次々と別の猫を発見し、しまいには前方だけでなく周囲に大量の猫がいるのを確認して、あまりの数に大慌てしたのだった。

ちどり公園:川崎区千鳥町にて

相方は初めての千鳥町にかなりテンションが上がっている。
特にちどり公園に入ってからのテンションは、千鳥東線でのそれ以上だった。

「公園の南端から東扇島を見よう」ということで、相方はどんどん先へと進んでいく。
私も見るつもりではいたのだが、相方が想像以上にどんどん進んでいくのでびっくりだった。

進行方向右にあった木々が途切れ、埠頭が見えた。
やはりあの色あせたような埠頭の色彩、そしてそれを打ち消すような鮮やかな青、……

――鮮やかな、……?

思わず青の方向を凝視した。すると、予想だにしなかった“異端児”の姿が目に映った。
私は前方を行く相方に、思わず大声で叫んだ。

「おい、DD51いるぞ!!」

「おい、DD51いるぞ!!」

間違いなくその鮮やかな機影は、纏った青色に流星を帯びた、JR北海道色のDD51である。
しかも公園内の少し小高いところから角度を変えて見ると、それは2両あった。
カメラのディスプレイで今しがた撮影した写真を拡大表示すると、
DD51のナンバープレートが外されていることが分かった。
前方のDD51には、プレートのあったところにチョークか何かで「DD51-1006」と書き込まれている。

そのとき私の脳裏には、以前川崎貨物ターミナルに回送されてきた2両のDD51と数量の客車が浮かんでいた。もしこれがあの編成だとするならば、この機関車たちは「輸出待ち」……!?

更に別の位置から敷地内を確認すると、客車の姿を捉えることが出来た。
間違いない、長らく川崎貨物ターミナルに留置されていた編成たちだ。私はそう確信した。

帰宅後の調査で、これらの編成は2009年10月にここに回送されたそうだ。
本来北の大地を往くはずの車両たちが、異端児となって、更に似合わない工場のある風景の中にいる。
それはこれらの車両が好きな私にとってとんでもない衝撃だった。
事前にしっかりと情報収集をしていれば、私が大好きなこの車両たちを送り届けられたのに。
後悔の念が押し寄せてきて、パソコンの前で思わず額に手を、口からは大きく溜め息をついた。

この埠頭にいる、ということは、暗黙に輸出されることを示している。
何故ならこの千鳥線の市営埠頭区間は、車両輸出のためにあるようなものなのだから。
日本で親しまれてきた車両たちが、第二の人生のために日本に別れを告げる場所。
そこにいるこの車両たちの日本での末路を悟った私は、神妙な面持ちでシャッターを切った。

ここで、お別れだな。

私と相方は一瞥を投げかけて、そこを後にしたのだった。

千鳥町の夕暮れ

ああ、この町の夕暮れって、こんな感じだったっけ。

昔からこんな夕暮れだったろうけど、なんだかちょっぴり切ない気分かもしれない。

あとがき
結局埠頭の留置線付近を後にしたのち、一応この日のメインだった「千鳥線貨物列車撮影」に向かいましたが、ウヤでした。
よくよく考えれば不思議なことはなにもありません。だって、まだ三が日だったんですもの。完全に頭から抜け落ちていました(×

さて、三が日早々の鉄活動。しかも京急の行き先変更を目の当たりにしながら、マイナーな専用線の方に足を運ぶという異例の事態。
行き先変更や編成写真にご興味のあられる方々は、さぞかし怪訝な視線でここまでご覧下さったことでしょう^^;

今回のレポートは、途中から妙なテンションになったり、最後には急に落っこちたりしてすみませんでした><
……えー、今回の主なテーマは、「専用線レポートのつもりが(短いながら)まさかの廃線レポートになってしまった千鳥東線」と「異国へ往く機関車・客車たち」でした。
千鳥東線の部分廃線には驚きました。終点の移設があったことを知らずに、現地で直接目にしたので。
とはいえ、千鳥東線単体については私が最初に千鳥町を訪れたころから殆ど機能していなかったので、格別強い惜別の情はありませんが。
寧ろ惜別の情は、あの廃車たちの方が格段と強かったです。

結果論から言えば、今回のメイン格はやはり「廃車たち」だったのではないでしょうか。
千鳥線の終点でもある千鳥町の「川崎市営埠頭」といえば、レポート内で先述の通り車両の輸出を行う場所です。
これまでにも多数の車両が様々な国へと海を越えていきましたが、その直前の姿を埠頭にて生で目撃したのは初めてのことです。
この国からいなくなってしまう、加えて自分が大好きな車両たちであり、その日本での最後の姿を生で見るというのは、本当に一言では言い表せない感情があるものですね(涙

なお、この車両たちはミャンマーへの輸出が決まっているようです。
「治安のあまりよろしくないミャンマーで、彼らはきっちりと第2の人生を歩ませてもらえるのか?」との声が多数ネット上に上がっているようです。
一番心配なのは、過去にもあった「輸入したはいいものの、大した整備がされずボロボロになって結局棄てる」というパターン。
でも私の出来ることは、もう幸せを願うほかありません。
生まれ故郷の日本に別れを告げて、海を越えて第二の人生を歩む車両たちに幸あることを心より祈ります。

そういえば、この「千鳥線シリーズ」にまさかの「Part5」はあるのかしら。


This report was written 1/9 2010.
Last modifying is 1/9 2010.

reason for modifying : To upload. (First Modifying)

トップに戻る
レポート集の目次に戻る